ワキガ

ワキ毛処理はワキガに影響あり?

 

女性ですと、ワキ毛の処理は欠かせませんよね。

 

最近では、男性でもワキ毛の処理を行ってる人がいるほどです。

 

では、ワキ毛の処理が、ワキガに影響を与えることはあるのでしょうか。

 

こちらでは、ワキ毛処理とワキガの関係について、お話していきましょう。

 

ワキ毛を剃るとワキガに影響はある?

 

ワキ毛処理で一番メジャーなのが、カミソリでの処理ですよね。

 

サっと手軽にできるので、人気の方法です。

 

 

 

ワキ毛を剃ることでは、ワキガに影響を及ぼすことはありません。

 

ですが、ワキ毛を剃ることで角質を一緒にそり落としてしまうため、肌荒れや黒ずみの原因となりやすいという問題があります。

 

ワキ毛を剃る際には、しっかりと泡立てて丁寧に行うようにしましょう。

 

 

 

ワキ毛を抜くとワキガに影響はある?

 

剃るよりも毛根までしっかりキレイに処理できるのが、毛抜きでの処理です。

 

ですが、毛抜きでの処理は、ワキガに影響を与えます。

 

 

 

毛抜きを使用したあとのワキは、毛穴が開いた状態になります。

 

すると、雑菌が入ってお肌が炎症を起こしたり、ワキガのニオイも悪化しやすいのです。

 

 

 

ワキガへの影響を抑えるための方法

 

では、どのように毛抜きを行えば、ワキガへの影響を抑えることができるのでしょうか。

 

さっそく、ワキガへの影響を抑える毛抜きの方法をご紹介します。

 

 

 

1.毛穴の汚れはあらかじめ落としておく

 

毛穴の汚れは、あらかじめクレンジング剤などで溶かしてから毛抜きを行います。

 

 

2.ワキを温めて毛穴を開く

 

蒸しタオルなどで脇を温め、毛穴を開きます。

 

 

3.ゆっくりと毛を抜く

 

毛穴が開いたら、ゆっくり丁寧に毛を抜いていきましょう。

 

 

4.ワキを冷やす

 

抜き終わったら、今度は冷たいタオルで脇を冷やします。

 

開いた毛穴を、しっかり引き締めましょう。

 

 

5.保湿をする

 

毛抜き後のワキは、とても敏感になっています。

 

保湿をして、いたわってあげましょう。

 

 

 

 

 

毛抜きはキレイにワキ毛を処理できる方法ですが、ワキガへ与える影響も大きいのです。

 

今回ご紹介した方法で、丁寧に処理を行ってくださいね。