ワキガ

ホルモンバランスがワキガに与える影響

 

「ホルモンバランスが乱れるとワキガのニオイが強くなる」という話を耳にしたことがある方も多いでしょう。

 

そこで今回は、ワキガとホルモンバランスの関係について、お話していくことにします。

 

男性ホルモンがワキガに与える影響

 

まずは、男性ホルモンがワキガに与える影響についてです。

 

男性ホルモンが急激に増加するのは、思春期のころです。

 

 

 

男性ホルモンの分泌が急激に増加すると同時に、アポクリン腺のはたらきが活発になります。

 

そのため、アポクリン腺を持つワキガ体質の方は、思春期ごろにニオイを自覚することが多いのです。

 

 

 

女性ホルモンがワキガに与える影響

 

続いて、女性ホルモンがワキガに与える影響についてです。

 

女性ホルモンは、男性ホルモンと比べて分泌の増減が激しいのが特徴です。

 

 

 

思春期や生理などにより、エストロゲンというホルモンの分泌が増減します。

 

エストロゲンの分泌が多いときは、同時にアポクリン腺のはたらきも活発化します。

 

そうすると、ワキガのニオイも強くなることが多いです。

 

 

 

ワキガのニオイを抑えるためにはホルモンバランスを整えて

 

ワキガのニオイには、ホルモンバランスが大きく影響していることがお分かりになったと思います。

 

ホルモンバランスを整えるには、以下のことに気を配り生活することが大切です。

 

 

 

ストレスをためすぎない

 

ストレスが蓄積されている状態は、ホルモンバランスに大きく影響します。

 

趣味や運動をするなどして、しっかりとストレスを解消しましょう。

 

 

 

規則正しい生活をする

 

睡眠不足や運動不足も、ホルモンバランスを乱す要因の1つです。

 

毎日たっぷり睡眠をとり、規則正しい生活をしましょう。

 

 

 

ワキガを気にしすぎない

 

ワキガを気にしすぎるあまり、ストレスを抱え込んでしまうことがあります。

 

ワキガのせいでストレスがたまってしまっては本末転倒。

 

デオドラントなどでニオイ対策を行って、ワキガであることを気にしないようにするといいでしょう。