ワキガ

ワキガの原因?アポクリン腺とは?

 

ワキガに悩む方であれば、一度は「アポクリン腺」という言葉を耳にしたことがあるのではないでしょうか。

 

今回は、ワキガに大きく関係するアポクリン腺について、お話していくことにします。

 

アポクリン腺とは?

 

アポクリン腺というのは、「汗腺」のひとつです。

 

つまり、汗が出る部分ですね。

 

 

 

アポクリン腺の汗は、お肌の表面にある汗孔という穴から排出されます。

 

アポクリン腺から出る汗には、水分・タンパク質・脂質・アンモニアなどが含まれていますが、実は本来は無臭なんです。

 

 

 

しかし、アポクリン腺から出る汗に含まれるタンパク質などは、雑菌や皮膚常在菌の大好物。

 

アポクリン腺から出る汗が、雑菌に分解されるこによってワキガのニオイが発生してしまうのです。

 

なお、アポクリン腺は、ワキ・へそ周辺・耳や乳房などに集中して存在します。

 

 

 

もうひとつの汗腺、エクリン腺とは?

 

実は、人にはもう一つ「エクリン腺」という汗腺があります。

 

エクリン腺はほぼ全身に存在し、サラサラしている汗を出すのが特徴です。

 

これは、99%以上水分でできている汗だからです。

 

 

 

主に体温調節をする際に排出され、ワキガのようなニオイがすることはありません。

 

また、エクリン腺は、ワキガ体質でない方にも存在する汗腺です。

 

 

 

アポクリン腺からの汗をしっかり対策しましょう!

 

もうお分かりいただけたかと思いますが、ワキガのニオイの原因は、アポクリン腺から排出される汗です。

 

ワキガ対策を行うのであれば、アポクリン腺から出る汗を分解してしまう雑菌を殺菌する必要があります。

 

 

 

しかし、汚れや雑菌はすぐに付着してしまうものです。

 

なので、お風呂などでしっかりと体を清潔に保つことが重要になります。

 

 

 

また、一番ワキガの症状が出やすいワキの下を清潔にしておくことも大切なことです。

 

デオドラントなどでワキガの原因菌を殺菌するなどして、ワキガ対策を行っていきましょう。