ワキガ

ワキガを悪化させない食生活とは?

 

ワキガのニオイが悪化してしまうのには、食生活が大きく関係しています。

 

では、どのようなことに心がければ、ワキガを改善することができるのでしょうか。

 

そこでこちらでは、ワキガを悪化させないための食生活について、お話していくことにします。

 

ワキガが悪化してしまう食生活

 

まずは、どんな食生活によってワキガが悪化してしまうのか、お話していきましょう。

 

ご自分に当てはまるものはないか、チェックしてみてください。

 

 

 

  • 脂質の多い食事を好む
  •  

  • 塩辛いものが好き
  •  

  • 食べるのが早い
  •  

  • 外食やコンビニ食が多い
  •  

  • 野菜不足

 

以上のようなことが挙げられます。

 

 

 

脂質やカロリーの高い食事は、皮脂の分泌を促しワキガ臭を悪化させてしまいます。

 

同様に、塩辛い食べ物や味の濃いものには香辛料が使われおり、皮脂腺やアポクリン腺のはたらきが活性化してしまうのです。

 

また、外食やコンビニ食は、味付けが濃いめだったり揚げ物などの脂質が多い食べ物が多いことから、ワキガが悪化してしまいやすくなります。

 

 

 

ワキガを改善させる食生活

 

では、どのようなことに気を付ければ、ワキガを改善することができるのでしょうか。

 

続いて、ワキガを改善させるための食生活について、お話していきましょう。

 

 

 

  • 野菜を中心にアルカリ性食品を積極的に摂取する
  •  

  • 偏食を直す
  •  

  • 刺激の強い香辛料は控える
  •  

  • 糖質や塩分を控える

 

以上のようなことが挙げられます。

 

 

 

ワキガのニオイは、酸性のニオイなんです。

 

なので、アルカリ性の野菜を積極的に摂取することで、ワキガのニオイを中和することができます。

 

 

 

加えて、偏った食生活は、ワキガ悪化の大きな要因となってしまいます。

 

刺激の強い香辛料は控えて、栄養をバランスよく摂りいれるようにしましょう。

 

外食やコンビニ食での食事を控えて、自炊をするのもひとつの手段です。

 

 

 

このように、食生活はワキガに大きく影響します。

 

しっかり改善して、ワキガ対策を行っていきましょう。