ワキガ

ワキガが悪化する原因とその対策方法

 

とても大きな悩みとなるワキガ。

 

ときにニオイが悪化してしまうこともあり、困ってしまいますよね。

 

そこでこちらでは、ワキガが悪化する原因とそれを防止する方法について、お話していくことにします。

 

ワキガが悪化してしまう原因と対策

 

間違ったスキンケア

 

ボディソープで何度もワキを洗ってしまったりと、間違ったスキンケアをしているとワキガも悪化してしまいます。

 

身体を洗うのは、多くても1日2回で十分なんです。

 

丁寧に優しく、ワキをケアしましょう。

 

 

 

食生活の乱れ

 

脂質や糖質が多い食生活をしていると皮脂分泌が過剰となり、ワキガのニオイも悪化しやすいです。

 

アルカリ性食品や野菜を積極的に摂取するなど、バランスの良い食生活を心掛けるようにしましょう。

 

 

 

ホルモンバランスの乱れ

 

ストレスや睡眠不足など、さまざまな影響でホルモンランスは乱れがちになってしまいます。

 

ホルモンバランスが乱れるとアポクリン腺の働きも活発となり、ニオイが悪化してしまうのです。

 

ホルモンバランスを整えるには、規則正しい生活を心掛けてしっかりとストレスを解消することが大切です。

 

 

 

摩擦による乾燥

 

汗拭きシートなどでゴシゴシと拭いてしまうと、摩擦により脇が乾燥してしまいます。

 

ワキが乾燥している状態になると、うるおいを与えようと余計に皮脂が分泌されニオイが悪化してしまいます。

 

ゴシゴシとふき取るのはやめて、ポンポンと優しくふき取りましょう。

 

 

 

衣類によるニオイの悪化

 

ポリエステルなどの化学繊維は、吸水性の悪い素材です。

 

汗が吸水されず、ワキガのニオイも悪化してしまいやすいのです。

 

ニオイを気にするのであれば、綿100%などの吸水性の良い素材を選ぶようにしましょう。

 

 

 

 

 

このように、ワキガが悪化してしまう原因はさまざまです。

 

正しく対策をして、ワキガニオイをできるだけ抑えるようにしていきましょう。