ワキガ

汗をかいてなくてもワキガが臭うんだけど…

 

汗をかいているときに、キガのニオイがしてしまうのは当然ですよね。

 

しかし、汗をかいていない状態でも、ワキガのニオイがしてしまうことがあります。

 

では、本当に汗をかいていなくても、ワキガが臭ってしまうことはあるのでしょうか。

 

ワキガのニオイはアポクリン腺の汗と大きく関係する

 

ワキガのニオイは、アポクリン腺という汗腺から排出される汗が雑菌や皮膚常在菌によって分解されるために発生します。

 

なので、汗をかいていない状態でニオイがすることは、基本的にあり得ません。

 

 

 

しかし、ワキガの人は自分のニオイを過剰に気にしていたり他人からニオイを指摘されることが多くなります。

 

ですから、「常にワキガのニオイがしている…」と思い込んでしまうことがあるのです。

 

実際にはニオイがしていないのに、ワキガのニオイがしているように思い込んでしまうわけですね。

 

 

 

その症状、自己臭恐怖症かも!?

 

「汗をかいていないのに、自分からワキガのニオイがする…」。

 

常にそう感じてしまう方は、自己臭恐怖症である可能性が考えられます。

 

ニオイを気にしすぎることで、幻臭がするようになってしまうのです。

 

 

 

自己臭恐怖症を克服するには、メンタルクリニックなどでカウンセリングを行う必要があります。

 

思い当たる方は、一度医師やカウンセラーに相談してみると良いでしょう。

 

 

 

気にしないことが大切

 

基本的には、汗をかかなければワキガのニオイがすることはありません。

 

それでもニオイが気になってしまうのは、ワキガ対策に自信がないことが原因でしょう。

 

 

 

ワキガのニオイをしっかりブロックできるデオドラントを使用して、対策に自信を持つことができれば、ニオイを過度に気にすることもなくなります。

 

あなたにあったデオドラントを見つけ、自分に自信をつけられるワキガ対策を行っていきましょう。