ワキガ

汗腺のはたらきを正常化してワキガを改善!

 

ワキガの原因は、アポクリン腺という汗腺から出るベタベタとした汗。

 

ワキガ臭を改善させるためには、アポクリン腺ではなくエクリン腺から出るサラサラした良い汗を出すことが大切です。

 

汗腺の働きを正常化し、良い汗をかく方法についてご説明していきましょう。

 

半身浴

 

半身浴というのは、36℃〜38℃くらいのぬるめのお湯に半身をじっくり浸かるという入浴方法です。

 

 

 

半身浴をする際は、まず手足を重点的に温めていくのがポイント。

 

手足が温まると、全身の血行が良くなります。

 

手足が温まったあとは、ぬるめのお湯に20分以上ゆっくり浸かって、交感神経をリラックスさせましょう。

 

 

 

半身浴をすることによって、じわじわと良い汗をかくことができます。

 

汗腺の働きを鍛えることができるうえにリラックス効果も高いので、週に何度か半身浴を行う習慣を身につけると良いでしょう。

 

 

 

また、入浴やシャワー後は、タオルでしっかりと汗をぬぐってから汗を乾燥させることが重要です。

 

汗が乾いていない状態で下着を身に着けると、蒸れが発生し雑菌が繁殖してしまう原因となってしまいます。

 

汗が乾燥してから下着を身に着けるようにしてくだい。

 

 

 

適度な運動

 

汗腺のはたらきを鍛えるためには、適度な運動も効果的です。

 

 

 

ウォーキングや軽いランニングなどを習慣にすることで、サラサラとした質の良い汗がかけるようになります。

 

定期的な運動を心がけるようにしましょう。

 

運動をする時間がない方は、「1駅分だけ歩く」などというのも効果的です。

 

 

 

サラサラ汗を増やしてワキガ対策

 

サラサラとした質の良い汗の量を増やすことで、アポクリン腺から出る汗の割合を減らすことができます。

 

そうすることで、ワキガの軽減が期待できるというわけですね。

 

今回ご紹介した方法で、汗腺のはたらきを鍛えましょう。