ワキガ

ワキガは遺伝?

 

ワキガは、一種の体質です。

 

ということは、ワキガは遺伝するものなのでしょうか。

 

そこで今回は、ワキガと遺伝の関係について、お話していくことにします。

 

ワキガは優性遺伝

 

優性遺伝とは、メンデルによる遺伝法則に基づく概念です。

 

(高校時代に、生物で勉強しましたね)

 

両親のどちらかにある遺伝子があったときに、強く遺伝されやすい遺伝子のことを指します。

 

 

 

ワキガは、この優性遺伝に当たります。

 

そのため、両親のどちらかがワキガだった場合、あるいはどちらもワキガだった場合は、その体質が遺伝として受け継がれやすいのです。

 

両親のどちらかがワキガ体質である場合では50%、どちらもワキガ体質である場合は80%の確率で、ワキガが遺伝すると言われています。

 

 

 

遺伝以外でワキガが発生することは?

 

両親ともにワキガ体質でなければ、子に遺伝することはありません。

 

つまり、遺伝以外でワキガ発生することは無いのです。

 

 

 

しかし、ワキガのニオイは脂質やタンパク質が影響しています。

 

なので、ワキガ体質でなくとも食生活の偏りによって、ワキガのようなニオイが発生する可能性は十分にあります。

 

いきなりワキガのようなニオイがした場合は、両親や親族にワキガ体質の方がいないか確認すると良いでしょう。

 

 

 

ワキガを子に遺伝させないことは可能?

 

残念ながら遺伝子の問題を、どうにかできるということはありません。

 

なので、ワキガ体質を子に遺伝させない方法はないということになります。

 

 

 

しかし、冒頭でもお話したように、ワキガというのは一種の体質です。

 

食生活や生活習慣などの改善で、ニオイを和らげることは可能です。

 

 

 

最近では、効果的なデオドラントなども数多く販売されています。

 

ワキガだからといって悲観せずに、毎日適切なケアを行っていくことが大切です。

 

自分にぴったりのデオドラントを見つけ、ニオイを対策していきましょう。