ワキガ

漢方でワキガ対策をしよう!

 

ワキガにお困りの方には、「汗の量が多くて困っている…」と悩んでいる場合も多いのではないでしょうか。

 

汗の量が多いと臭いも強くなりがちですので、大きな問題ですよね。

 

汗の量をコントロールしてワキガ対策を行うのであれば、「漢方」を使って体の中を変えていく方法が有効です。

 

そもそも漢方とは?

 

まずは、そもそも漢方とは一体何なのかについて、ご説明することにしましょう。

 

漢方は、日本で発展した漢方医学に基づいて処方される医薬品を指します。

 

 

 

植物を中心とした天然の素材を組み合わせてつくられているのが特徴と言えるでしょう。

 

身体のバランスを整えることが、漢方薬の主な使い方です。

 

 

 

なぜ漢方で汗の量をコントロールできるの?

 

さきほどもお伝えしたとおり、漢方は主に身体のバランスを整えるために服用します。

 

漢方を飲むことで、発汗をコントロールし、汗の量を正常に戻すことができると考えられているのです。

 

 

 

特に、ワキガ体質自体の改善ではなく、「多汗症」の治療として多く使用されています。

 

多汗症の治療としては、下記の漢方が処方されることが多いです。

 

  • 柴胡桂枝乾姜湯 … 神経過敏から出る汗に有効です。
  •  

  • 補中益気湯 … 胃のはたらきを高め、循環機能を正常化させることで、ホルモンバランスを整えます。

 

 

 

漢方だけでワキガ体質が治ることはない

 

漢方というのは、あくまでも身体のバランスを整え、体質改善を行うために服用するものです。

 

ワキガ体質は遺伝による影響が大きく、現在ではいまだに特効薬がありません。

 

そのため、漢方でワキガ体質が治ることも、残念ながら無いと言えます。

 

 

 

しかし、漢方を上手に利用することでワキガの症状を軽くしたり、臭いが出にくい体質へと変えていくことは可能です。

 

漢方の服用と同時に生活習慣・食習慣の改善を心がけ、根本的な体質を変えていきましょう。